2014年09月22日

伏せとじ

畳表を畳床に縫い付ける方法です。正確には伏せ綴じ框縫いですが、框縫いは省略して伏せ綴じで畳屋では通じるはず?でした。手縫いで新畳を製作する場合は畳表を畳床に縫い付ける框縫いは伏せ綴じで二通りの縫い方でぬいます。新畳製作の場合は常に伏せ綴じ縫いですから敢えて伏せ綴じ縫いとは言いません。

我が家では伏せ綴じと言えば表替えの框縫いになります。上物品は伏せ綴じが基本ですが忘れられつつあります。関西と関東では伏せ綴じにするのランクが違っていたようで、昭和12年に我が家の三代目が大阪の叔父の店に手伝いに行った時には二配の麻立て表の表替えで畳表を張り裏返したら叔父に大阪では四配表や六配表などの高級品以外は表側からの框縫いで良い!と言われたそうです。

どの程度の仕事で伏せ綴じにするかは地域で違っていたのでは?関東と関西の手間賃の違いがあったのでは?と推測します。

posted by 四代目 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西と関東

2014年09月02日

畳の厚み

現在ではあまり違わなくなりましたが、昔は関西間(63サイズ)と関東間(五八サイズ)では畳の厚みが違っていました。関西間で1寸8分、関東間で2寸の厚みが標準でした。木造家屋ですから家の作り方に違いが、あるわけでは無く、厚い分だけ敷居の厚みも違ってました。

何故敷居の厚みが違うのか?と聞いたら 木材は石数で計算するのだから、サイズの小さい五八間は木材を厚くしないと坪単価で計算すれば逆に拙いだろ!、、、確かに 、、、、、一理ありだなと妙に納得しました。

posted by 四代目 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西と関東

2014年07月21日

二畳一人役

手縫いで高級品の規格です。新畳を一日に二枚作るので二畳一人役です。安物で六畳一人役から並品の板入れ畳なら三畳一人役で、さらに手間を掛けた板入れ畳なら二畳一人役となります。 畳縁を縫い付ける平刺し工程も針足も小さくなり、肘締めで行いますが現在の硬い機械床では肘締めでは少々無理があり、我が家は軽く裏から締めます(祖父や親父から叱られそうですが)

関東が肘締めで関西が裏からの足締めと思っている畳屋が多いようですが、二畳一人役の畳以上は肘締めです。  三畳一人役までならどちらでも締まりさえすれば良いと思います。個人的には裏締めが楽でいいですね。

畳表を替える表替えの仕事は倍の枚数を仕上げる事になります。安物で十二枚、中程度で八枚、高級品で四枚をする事なりますが、、、、、手縫いでは大変です、、、、。

現在の畳屋の技術力では昔の畳屋の七割出来れば上等で(半分って処が真実かな?)です。

posted by 四代目 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西と関東

2013年11月25日

東京畳

P1060289半畳縁無し畳です。通常の畳表を使用しています。畳に当たる光の反射が縦方向と巾方向で違うのを見せる仕事で、近年多く作られているムシロ織りの目積織りの畳表では光の反射具合が劣るようです。     写真の縁無し畳がワラ床を使用しての四ツ板仕様の縁無し畳でこれが本当の半畳縁無し畳です。東京の下町で生まれた仕事です敢えて言えば半畳縁無し畳は東京畳と言うべきで、琉球畳ではありません。            江戸時代になるまで琉球王国は日本ではありませんでしたので琉球は畳の文化圏に入ってはおらず琉球に畳は無かったはずです。  昔から日本中で作られた縁無し畳は琉球と言われる七島表を使用する縁無し畳で半畳縁無し畳を作る仕事はありませんでした。縁無し畳が姿を消していた30年の間に歴史も仕事も忘れられて平成になり琉球畳なる畳が大手を振っていますが、、、、怪しいなぁ、、、大丈夫?半年で折り目が擦り切れたら恥ですよ、、。

posted by 四代目 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西と関東

2013年10月21日

縁を裁って一人役

東京だけの話かも知れませんが、通常の畳縁ではなくて高麗縁や九条紋縁を裁って付けられる状態にして一人役の工賃が頂けたそうです。 我が家の二代目には、この仕事が良く持ち込まれたそうです。  三代目の時代には紋縁付けを頼まれる事は有っても紋縁を裁つだけの仕事は有りませんでした。   関西と関東で仕事に対しての考え方が違っていたのでしょうか?

posted by 四代目 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西と関東