2022年06月15日

ワラ床の修理

建材床が主流になり、畳床が、悪けりゃ、古けりゃ、畳床を新しく新畳をお客様に勧めるのが業界の流れで、藁床の修理の仕事が少なくなりました。(建材床でも修理は出来る理屈ですが、修理に人件費を掛けるより新し建材床に変えた方が安い) 昔は長く使用して畳床が痩せてくると、菰を床裏に追加して畳床を縫い締め直してする仕事がありました。畝を6本程度縫って表替え6枚くらいが一人前の職人の仕事でした。
裏糸が切れている場合は切れている箇所にワラを並べたり畳表を付けて其れ等を筋縫いや国刺しで縫って修理をしていました、この程度の修理ならサービスで済ませた業界が悪かったのでしょうか、サービスならもっと簡単にとの考えなのでしょうか、タッカーでゴザを止めたり、酷いのになると、表側にゴザ止めを行いムラを作り畳表にタッカーの錆が出るなどの無茶がまかり通る時代になりました。 畳床の修理は裏側で行うのが基本です。 畳床の上面(肌部分)には極力手を入れない方が無難なのですが、床上面の凸凹をムラ取りでワラを削り取った場合は手間ですが上面を縫い軽く締めて欲しいものです。
posted by 四代目 at 18:15| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: