2022年05月24日

後框(あとかまち)

IMG_2919.JPG  縁無し畳の表替えです。框縫いは返し縫いが済んだ後に行う後框(あとかまち)縫いです。通常の縁付き畳の後框縫いでは待ち針は9本〜11本打ちますが、縁無し畳では待ち針は上前側と下前側の2本で、これで返し縫い工程に入ります。 縁付き畳と同じ工法では返し縫い工程も框巻き工程も不具合な仕事になります。縁無し畳で先框で行うと隅作りが上手く行かず畳表の角を切るか返し側に回すかの工法になります。 
posted by 四代目 at 12:30| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: