2021年06月16日

畳を毟っちゃ駄目だよ

落語で、娘さんがモジモジする様子を、畳にのノ字を書いて畳表を指先で毟る様を表現します「畳をむしっちゃ駄目だよ、畳替えしたのに、穴が開いちゃう」、話を聞いた時この噺家さんは判ってらっしゃる(畳屋の倅?畳屋に聞いた?)と感心しました。畳屋から見れば中継ぎ表を裏返して畳表が畳床と馴染むまでは中継ぎ部分のヒゲの残りは毟り易いのです。中継ぎ表の裏返しは繋いだ部分にヒゲ(イグサの穂先)の毟りとった跡が残るので畳表を張った時に包丁の凸部分で削ぎ落としから縫いの工程に入るのですが如何しても繋ぎ部分は残ります。ピンセットなどで無理矢理取り除くと穴が開きます。髭部分の毟り過ぎ(サラの時は更に注意が要ります)は中継ぎ表の作業の肝心な箇所です。
posted by 四代目 at 18:18| Comment(0) | 職人の本音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: