2021年06月14日

床の間は壁際が上前

床の間を畳表で製作する場合は、畳表に畳縁を縫い付けた薄ゴザ仕様ですので現在では心材となる畳床は使用しません。我が家では壁際を上前として作業しますので床框側寸法を下前として巾寸法を決めます。仕上がりが壁際メノリ(畳縁が畳表の谷に縫い付けてある)なので、床框側が畳表の山に畳縁を縫う事になり、メノリ仕様にはなりません。 床の間の壁にも貫が入っているので、壁が真っ直ぐに為って無い事が多く一分(3ミリ)や二分(6ミリ)前側に膨れている事が多くあります。通常の畳の製作法なら、壁際の畳表に壁の曲が出るので壁が歪んでいるように見えるのですが、床ゴザは畳表だけですから、巾方向に動くので、壁の曲を反対側の床框側に回せるのです。これで前側に壁が膨れていても畳表の谷は真っ直ぐなので、壁は真っ直ぐに見えます。 床の間の掛け軸やお花などの設えを見る時など壁が歪んで見えては興醒めですね。
posted by 四代目 at 22:45| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: