2021年03月23日

畳の敷き方

畳は一枚毎に大きさが違いますので畳を部屋に敷き込む場合に順番があります。通常の部屋は廻し敷と言い畳の角、四っが合わないように敷込みます。最初に畳部屋の長さ方向の丈(たけ)とか、通し物と呼ばれる畳から敷込みます。左右の畳の出会い框の畳表の谷を合わせて見た目が真っ直ぐに見える様に敷き込みます。この時に畳表の谷がずれていると部屋が歪んだように見えるので敷き込み作業で一番気を遣う箇所となります。八畳間では次に反対側の通し物の畳を敷き込み、次に枕畳と呼ばれる部屋の横方向の畳、二枚を敷き込みます。ここまで順調に敷込めれば部屋の採寸が間違ってなかったと一安心で、最後に中物の畳が風を切って沈み込む事を願ってを敷き込みます。 近年、畳の敷き込む場所を裏書きした昔ながらの方法から裏書きに数字を書いた紙を貼っている方法に変わってきています。大抵が通し物の左を1番で右方向へ2番で横方向の枕畳が3番と右に回りながら番号を振って行きますので、これが本当の廻し敷の敷き込み方と、後10年もすると技能検定の問題になるかも?笑い話にならない業界だから怖い。
posted by 四代目 at 17:28| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: