2021年02月08日

縁無し畳の返し縫い

IMG_1829.JPG縁無し畳の返し縫いは畳表を引くためにヒゲ部分を引きながら裏側まで回して返し縫を行います。
残念ながら写真の縁無し畳は機械縫いなので、畳表のバラケを防ぐために紙のガムテープで貼っているので、左方向にヒゲを流しながら返し縫いを行えませんので、畳表の流れが素直になるので、巾吊りが戻り気味になります。
畳機械屋さん推奨の畳表を横で切って返し縫を行う作業法が日本中で横行してますが、畳表の巾吊りが出来ませんので仕上がり寸法は甘く製作しないと畳表が膨れます。床材が見えるなんて情けねなァ、、が現実です。

posted by 四代目 at 21:15| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: