2020年07月29日

先輩は有難い

仕事を引退されたと聞いていた先輩から電話がありました。開口一番「機械屋を喜ばして、どうするんだい!機械縫いは駄目な事は承知してるじゃないか!」「写真を上げたって判る畳屋は少ないし、機械屋は機械縫いを認めてもらったと喜ぶだけョ」 年々仕事が悪くなるから、多少でも情報発信になればと説明しても「無駄、無駄、俺なんか、せがれにも言わないぜ!」長く業界で生きてこられた、先輩に無駄!と吐き捨てられる程、我が業界は駄目になっているのだろうか?心配して下さる先輩は有難いですね。
posted by 四代目 at 17:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: