2016年11月22日

丈夫な化繊畳縁

現在の多くの畳縁は化繊です。模様の無い無地系畳縁でも、化繊系の表面がキラキラと光る茶系や黒系の畳縁が増えてきました。我が家は畳縁が光るのが嫌いですから、無地系の畳縁は天然繊維にこだわってますが、少数派です。
化繊畳縁は材質が硬く丈夫なのですが、畳の隅作りの時に畳縁の織り目である布目が戻り、隅が丸くなるように感じます。隅止めを糸で縫う古来からの方法のカスガイ止めも、横方向の布目が戻らない針の運針が求められますし、縦方向運針でも左右も布目が、ずれない注意が要ります。タッカー針で止めた釘止めの隅作は論外ですが、これが現代の畳作りです、、、、情けねえなあ、、、、。

posted by 四代目 at 23:52| Comment(0) | 畳の基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: