2015年10月19日

縦ゴザの理屈

P1080197.JPG掛け縫い床に縦ゴザを入れた写真です。手縫い床の口部分は下配いの代わりにワラを薄く束ねたカイゴモを使うので、厚みが薄くなりますので、縦ゴザを入れて口部分を厚くし硬くする理屈です。手縫い床だから縦ゴザが必要な訳で、製畳機で作るワラ床は下配いが入るので厚みが同じになり、縦ゴザを入れるのは蛇足になる理屈です。

posted by 四代目 at 00:47| Comment(0) | 手床
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: