2015年03月20日

備後の銀白

備後表の色合いを表現する時に、銀白表と言いました。イグサを袋に詰めて寝かしてイ、グサの青味を落としたイグサで、やっと畳表として織れる状態にになります。製品になるのに早くて一年〜二年かかります。昔からこのサイクルで畳表を織って来たから、備後表の伝統的表現としての古くなっても飴色になる備後の銀白表と言われたのですが…残念ながら銀白が紙の畳表と思っている畳屋が…確かにいる!

posted by 四代目 at 12:42| Comment(0) | 昔話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: