2021年01月23日

手縫い床の重量

IMG_0911.JPG 手縫い畳床の掛け縫い床です。 手縫い畳床は縫い方により締め上がり重量の限度があります(糸で縫い締めるのですから縫い方で重量の限度が出来てしまいます) 安物の棒縫い床で五貫目(おおよそ20キロ)筋縫い床で八貫目(おおよそ30キロ)掛け縫い床で十貫目(おおよそ40キロ)です。  ワラで畳床の形にするには重量より小さく縫う製作法が耐久性のある畳床を作る基本のようで、掛け縫い床では200年以上、筋縫い10通り床でも150年使用出来ている畳もあります。 明治末から大正時代に発明された畳床を機械で縫う製畳機(せいじょうき)の初期段階では手回しと呼ばれる人力でハンドルを回して作っていたので針足間隔が広く五貫目床が限度でした。昭和30年代の製畳機でも八貫目床が限度で、昭和40年代になり針数が増えて十貫目床が出来るようになりました。 が重量過多で硬くて座っていると足の痺れる畳が多くみられます。原因は芥(切ワラ)の量が多過ぎるからです。

posted by 四代目 at 10:53| Comment(0) | 手床