2020年06月30日

津和野城

IMG_1319.JPG   石州、津和野城です。下の町からはこの三十間櫓の石組みだけが少し見えるだけです。 雲海に浮かぶ天空の城跡にするべく? 行政が力を入れて修復工事中です。このお城は天守台が西側にあり町からは見えません。地元の方からすれば何故、天守閣が見えないのか?って、仮想敵が西から来る毛利なら、戦線はは町の裏側の西になるので天守閣は西に向いて当然のはず。
posted by 四代目 at 17:40| Comment(0) | 日記

2020年06月29日

石州瓦

IMG_1315.JPG  津和野城跡から見た津和野の町です。東西から山が迫り、谷間の町並みなのに妙に明るく感じます。 屋根瓦を地元産の赤色の石州瓦で葺いているので、町並みが広く明るく感じるのか? 何度、訪れても落ち着く町です。
posted by 四代目 at 18:31| Comment(0) | 日記

2020年06月28日

青野山

IMG_1299.JPG  島根県津和野市の青野山へ登りました。市内から見えるトンガリ山ですが熊の目撃情報があるので、熊鈴を鳴らしながらの登山になりました。
posted by 四代目 at 19:43| Comment(0) | 日記

2020年06月25日

布目

IMG_1287.JPG  無地の畳縁です。材質は木綿と化繊を並べました。織り目を布目と呼び、虫眼鏡で見ないと織り目が判らないのですが、仕事になると上手、下手が出るので疎かには出来ません。畳の角の隅作りでは内側より外側を布目2目〜3目引きすぎるように隅作りを行わないと仕上がった時に角が直角に見えません。 布目が歪みが出ないように仕事をするのは難しいです、10枚、同じに作れたら名人ですね、 全て工程での針の運針で布目にアラが出ますので拘れば難しいです。 何年、畳屋をやってんだ!と何年経っても反省の日々です。
posted by 四代目 at 12:31| Comment(0) | 仕事の話

2020年06月21日

道後山

IMG_1269.JPG   梅雨の合間に広島県東部の道後山へ行きました。 道後山スキー場の駐車場から80分で山頂へ、大山も一緒に写真に入れました。
posted by 四代目 at 20:45| Comment(0) | 日記