2020年03月09日

縁無し畳の返し縫い

IMG_1070.JPG ワラ床を使用した縁無し畳の返し縫いです。縁無し畳は畳表のヒゲ部分を裏側まで巻き込んで作業しないと、折り曲げた箇所が切れやすくなります。 使いが荒い部屋では畳表を横で切っての返し縫いでは折り曲げ箇所が高くなり折り曲げた箇所が切れて、一年も使用しないうちに縁無し畳から縁付き畳に入れ替わった飲食店がありました。 畳表は横で切っては、拙いのですが、多くの畳屋が機械屋さんの推奨する作業法で仕事をしています。 個人的には、この製作法では寸法を甘く作らないと畳表が膨れると思います。
posted by 四代目 at 12:50| Comment(0) | 畳の基本