2020年11月23日

縁無し畳の抜き先部分

IMG_1754.JPG  縁無し畳の曲げた箇所に差しがねを当てて写真を撮りました。 曲げた箇所が少し下がる様に(畳屋用語で抜き先を下げる)仕上げるのは縁無し畳だけの作業方法で、折り曲げた箇所に足が直接触らないので擦り切れ難くする理屈と思います。  何度も書きますが畳表を裏側まで引いて返し縫い作業を行わないと抜き先部分は下がりません、巾寸法が触っても畳表が膨れません。 畳表を途中で切って返し縫いをするのは機械屋さんの理屈で畳の基本ではありません。
posted by 四代目 at 10:16| Comment(0) | 畳の基本

2020年11月18日

蒜山登山

P1010050.JPG  蒜山は中蒜山に登ってきました。ブナの木は見事に落葉していて明るい登山道を2時間で山頂へ、、、疲れました。
posted by 四代目 at 21:51| Comment(0) | 日記

2020年11月17日

戦前の競技会

IMG_1751.JPG   東京で昭和13年に行われた競技会で二代目が貰った東京府のマークの入った赤銅のメダルです。 手縫い床、掛け縫いの部で2位でした。 この競技会が戦前最後の競技会だったようで以後、材料の統制から、戦争、戦後のドサクサと技術不毛の30年間に多くの手縫い床の技術者は消えました。
posted by 四代目 at 23:40| Comment(0) | 昔話

2020年11月12日

良く出来た抜け配い床

IMG_1747.JPG  昭和40年代に作られた抜配い床(四段配い床)です。 床ムラも無く、足ざわりも柔らかい畳床で、作った畳屋さんの技術力に脱帽です。 感心するほど胴配い部分のワラが薄く配い込んでありました。芥の配込みが丁寧なので胴菰部分が薄くてもムラが出ないのでしょう。 名人芸ですね!
posted by 四代目 at 19:01| Comment(0) | 職人の本音

2020年11月08日

鷹ノ巣山の紅葉

IMG_1728.JPG  今日は鷹ノ巣山へ紅葉見物。 時期が昨年より遅かったようで、昨年は良い写真の撮れた三の岳、登りの紅葉は残念でした。
posted by 四代目 at 21:37| Comment(0) | 日記