2020年03月15日

一本縁の上前

部屋の敷いてある畳は幅方向では畳縁は内側部分は二本で外側部分は一本です。これを全て縁一本に見える製作法が一本縁仕様で東京の下町で江戸時代に生まれた仕事です。 五八間(関東間)だから出来る仕事なのですが、六一間(広島間)の六畳間までは可能です。 縁無し部分を上前に仕上げないと畳表を引ききる事が出来ませんので通常の縁付き作業法をより基本を忠実な作業法が求められます。 通常畳表を使用した六一間の一本縁の場合、中物の上前は、どちら側?
posted by 四代目 at 12:47| Comment(0) | 畳の基本

2020年03月10日

東京大空襲

3月10日は東京大空襲がありました。死者10万人、負傷者は100万人だったそうです。我が家の三代目は当地の軍指定の畳工場で仕事をしており、伝手を頼りに切符を手に入れ一週間後に東京に戻りましたが、焼け野原で
家の在った場所に栃木県に疎開したとの立札があり安堵したそうです。  田舎に行けるか!強気だった祖父でしたが、当日は今までとは違うと感じて非難を始めたのですが、焼夷弾に追われて逃げ場を失い橋の上から河原に布団を投げて、それに飛び降りて命だけは助かりましたが、祖父は足を痛め障害者となりました。 徴用で炭鉱に引っ張られたり、家を焼かれたり、怪我をしても国から保証があるわけでもなく、国破れて山河だけですね。
posted by 四代目 at 14:27| Comment(0) | 昔話

2020年03月09日

縁無し畳の返し縫い

IMG_1070.JPG ワラ床を使用した縁無し畳の返し縫いです。縁無し畳は畳表のヒゲ部分を裏側まで巻き込んで作業しないと、折り曲げた箇所が切れやすくなります。 使いが荒い部屋では畳表を横で切っての返し縫いでは折り曲げ箇所が高くなり折り曲げた箇所が切れて、一年も使用しないうちに縁無し畳から縁付き畳に入れ替わった飲食店がありました。 畳表は横で切っては、拙いのですが、多くの畳屋が機械屋さんの推奨する作業法で仕事をしています。 個人的には、この製作法では寸法を甘く作らないと畳表が膨れると思います。
posted by 四代目 at 12:50| Comment(0) | 畳の基本

2020年03月03日

技能講習会

IMG_6627.JPG  日曜日に講習会が行われました。付け台は5台ですが、参加者は20名程でした。
posted by 四代目 at 07:08| Comment(0) | 日記

2020年03月02日

縁無しの返し縫い

IMG_1062.JPG  縁無し畳の下前の返し縫です。横についた返しワラで引いた畳表が戻らなくする機能ができます。安物の七島表では蛇腹付けで返しワラはつけませんので糸が掛かった箇所だけ止まっています。縁無し畳は柳返しで行います、箱返しは理屈に合いません。
posted by 四代目 at 12:19| Comment(0) | 畳の基本